• 将棋の強い従甥と喫茶店で対局しました。勝負所は結構あった筈なのですが、筆者の実力では活かすことはできませんでした(´・ω・`)次にやる時はもっと年長者らしい所を見せられるようにしたいものです(^^;

    コメント 0
  • 118手目、詰みがあったのですが見逃し…いや、本当に簡単なのですが、読み切れませんでした…orz.

    コメント 0
  • 構想が変でど必敗に陥りましたが相手の頓死に救われました…九月初めに親戚の寄り合いがあり、その場で「四段です(キリッ)」という為にも、この辺で止めておきます(^^;

    コメント 0
  • ぜはーぜはーぜはー…何とか八月中に四段に戻しましたよ…それにしても、飯島流でこの端攻めを食らったのは初体験でした。今思えば34手目は△同香▲54飛△24歩▲同飛△23銀で受かっているかも…

    コメント 0
  • 先手矢倉が最近廃れ気味ということならば、先手でも後手風味で指せば良いのでは…と思い指しています。尚、111手目は△同金なら馬を抜くつもりでしたが、即詰みがありました。やはりまだまだです(^^;

    コメント 0
  • 俄仕込みで相掛かり先攻したが見事に飛車が立ち往生(爆)それでも何とか逆転しましたが即詰みを逃す(´・ω・`)最後は余し勝ちだったから良かったですが、相変わらず終盤力が足りません…(遠い目)

    コメント 0
  • 65手目6六金打のつもりがくしゃみでクリックミス、一路ずれて5六金打に(爆)只取り、邪魔駒にこそならなかったものの見事な一手パスで必勝の将棋が途端に窮地に…何とか再逆転しました自戒の為にUpします。

    コメント 0
  • これにてR2128.かなり巧く指せた部類だが130,132,140,142手目の四回即詰みを逃している。終盤が相変わらず弱いなぁ…もっと言うと序中盤の戦い方も疑問。42手目は△86歩を入れるべき?

    コメント 0
  • 三段に下がった後、また四段に再復帰した一局。馬を作られ手も足も出ないと思ったが、▲5三香成が詰めろで結構攻めが厄介。その後は双方悪手を連発するのがいつも通りで、つまりは運で勝利したということです。

    コメント 0
  • 三段に下がった後、また四段に再復帰した一局。馬を作られ手も足も出ないと思ったが、▲5三香成が詰めろで結構攻めが厄介。その後は双方悪手を連発するのがいつも通りで、つまりは運で勝利したということです。

    コメント 0