• 会心の一曲 w ...「厚いトコロ クサビ打ち込んでも いまは(97手目)ムダだよ 邪魔する奴(6五の銀)は 桂捨てひとつで ダウンさ ♪ 」 ...ちなみに私の十八番は『最後の雨』です。

    コメント 0
  • 相振り△3三角の向い飛車。70手目の局面を「次の一手」として出題させていただきました。

    コメント 0
  • 94手目△2二玉には▲2三金△3一玉▲4七銀。96手目△3二玉には▲4三馬△4一玉▲5二金△3一玉▲3三金。質駒を待って飛車を切る寄せに出るタイミングが重要なのだと実感。

    コメント 0
  • 秘孔を突いてご機嫌になれた...64手目が本譜のハイライト。▲2二飛成で▲6九玉なら△2三香▲2四歩△5五桂の予定。...例の台詞は自重しますた w

    コメント 1
  • 相振り・対中飛車。106手目△3七桂成▲同銀△3六香には感心した...▲3八金では▲4九香と受けるほうが良かったかも。ソレが伏線となり132手目では△3六歩から攻め合い負けしてると思う。

    コメント 0
  • 89手目に▲6九歩なら△6八金...▲6九金なら△6八銀。ソコだけは確認したけど感覚や読みの衰えは不動の左桂が物語る。

    コメント 0
  • 相振りの中飛車側を指してみた...△3二金は面白くないけど割り打ちを消されると▲2六飛は手損なだけに思える。原則に反する例外...香の短打はウッカリし易い典型例。

    コメント 0
  • ▲6六角~▲7七桂は参考になる軽い指し方。100手目の△3七歩は疑問で△2六歩が勝る。本譜で痛恨のミスは80手目で△3七金を逃がしたコト...角・と金交換は必然。穴熊退治にも踏み込みは必要な罠 orz

    コメント 0
  • 早い△5四銀に逆▲8五飛で端攻めを試みる。82手目△7八金なら先手負け...従って70手目の△4八歩には▲同金引と取り△4六銀なら▲3二角成△同飛▲9四桂が勝る。ギャグ85飛にならんで良かった w

    コメント 0
  • 王手&詰めろ...飛車の犠牲で左桂を捌く珍しい手順が印象的。74手目に△4四玉ならまだまだ大変そう...よくある角打ちなので部分的に応用を考えてみたい。

    コメント 0