• 「あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!『俺は奴の前で急戦を指していたと思ったら、いつの間にか穴熊を指していた』。な…何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何が起きたかわからなかった…」

    コメント 0
  • 81-Dojoでの対AI-Botボナンザ戦。31手目▲85桂を決行してから41手目まで直線的に進んだが、意外に難しかったようだ。もう少し将棋の内容に拘りたい。。。

    コメント 0
  • 横歩取り2三歩型の研究をしようとふと思い△2三歩と打ってみた。相手は研究に嵌ると思ったのか横歩を取らず▲2五飛、しばらく考えたが狙いが見えてこない。狙いを教えろと△8六歩を決行し、相2三歩型になった。

    コメント 0
  • 対四間飛車急戦にて△3二金とされた場合、数で受けられた飛車先を攻めることは正しいのか?と思いパーフェクトディフェンスに移行してみた。玉頭戦楽しいっす。終盤は簡単な詰みを見落とし難しい詰み方をしていた。

    コメント 0
  • △2五桂ポンに対して初めてうまく指せました。51手目の▲4四歩が捌きの勝負手でした。

    コメント 0
  • コメント 0
  • インデックスの対四間飛車急戦なんだよ。途中で右四間に構え直してみたんだよ。何度も桂馬で両取りをくらったけど、最後はその桂馬で返し技が決まったと思うんだよ。

    コメント 0
  • 駒組を終えてから角交換を四間飛車側からやってきた。これは角交換振り飛車に分類されるのだろうか?これの定跡を知らないので、寄せの段階で劣勢になった。中盤で良い手があれば教えてください。

    コメント 0
  • 早石田の定跡の謎を探ってみた。居飛車側に▲2四歩△同歩▲同飛△3六歩のとき、▲2三飛車成が出来る不思議がある。△3七歩成は▲同桂△同飛▲2二角成があるので△8八角成▲同銀から力戦になった。

    コメント 0
  • 加藤一二三九段は言った「振り飛車には棒銀です」。ふむ、含蓄のある言葉、まさか猫好きが嘘を言う筈がないだろう。やってみた。飛車で守っているところを銀で攻める棋理に反した対三間飛車斜め棒銀です。

    コメント 1